腫瘍科

動物の寿命が伸び、ワンちゃんネコちゃんにも悪性腫瘍(がん)が増えて来ています。ワンちゃんが亡くなる原因のトップはがんと言うデータがあります。
例えばワンちゃんのお腹を撫ぜていたら小さなしこりに気付いた。あるいは、最近食欲が落ちているのにお腹だけが膨らんでいる様な気がする。こんな場合は「暫く様子を見る」のではなくなるべく早く受診しましょう。
つつじケ丘動物病院では、ご家族と動物達が一緒に少しでも長く元気で楽しい時間を過ごせるように腫瘍科の診療にも力を入れております。

診断の流れ(皮膚のしこりを例に)

まず細い針を刺して細胞の検査(細胞診)を行います。ここでは腫瘍と非腫瘍病変の鑑別、上皮系、間葉系、独立円形細胞の鑑別、更に可能であれば良性、悪性の判断をして行きます。また肥満細胞腫や悪性黒色腫など細胞診で確定診断できる事もあります。腫瘍の種類によってはバイオプシー(組織片を採材する事)が必要な事もありおます。最近はリンパ腫や肥満細胞腫などではPCRやc-kitの変異といった遺伝子の検査をする事が出来るようになりました。
悪性腫瘍が疑われる場合は腫瘍の転移の有無を調べるためレントゲン検査や超音波検査の画像診断を行います。また手術や抗がん剤の投与が出来るか、がんによる合併症がないかを調べるために血液検査や尿検査を実施します。
これまでの検査で明らかになった事を基に、①病状の把握 ②治る、治らないの評価 ③治療方法のリストアップ ④ご家族の希望に沿った治療方針の決定 ⑤治療方針に沿った治療へと入って行きます。

治療について

がんの治療は外科療法(手術)、化学療法(抗がん剤)、放射線療法、その他(免疫療法、サプリメント、温熱療法など)があります。それぞれの治療には利点、欠点がありどれが一番優れているという物ではありません。例えばがん細胞を最も短時間で細胞数を減らすことができる手段は外科療法であり、それに放射線療法が続きます。化学療法はリンパ腫などを除いては単独では使用せず、外科療法や放射線療法と組み合わせて実施する事により高い効果を発揮することができます。

syuyo_img

治療の目的と各治療方法の特徴

目的:根治目的、診断目的、対症目的、予防目的があります。

外科療法

利点:
腫瘍減容積(腫瘍細胞の数を減らす)効果が高い
通常1回の麻酔で済む
腫瘍によっては根治も期待できる
特別な設備が不要

欠点:
局所療法である
手術内容によっては外貌の変化、機能障害を伴う。
侵襲性が強い、麻酔のリスク、観血的である
腫瘍散布の可能性

化学療法

利点:
特別な設備が不要
全身療法である

欠点:
腫瘍減容積効果が低い
頻回の投与が必要。
薬剤耐性(薬が効かなくなる)の発現。
副作用の発現

放射線療法

利点:
形態、機能を温存できる
外科困難な症例でも可能
化学療法抵抗性でも効果が期待できる

欠点:
頻回の麻酔が必要。
放射線障害、発癌
薬剤耐性(薬が効かなくなる)の発現。
特別な設備が必要
高コスト
局所療法である

PAGETOP